中国生産がメリットのある場合(機械加工、切削加工)

中国生産がメリットのある場合(機械加工、切削加工)

IMG_4422_R IMG_4435_R

良くお客様から聞かれるのが、どんな仕様の機械加工が中国生産においてメリットがあるかです。
ロット、納期、材質、加工精度など。

端的に言えば加工精度のあまり高くない加工工数の多いものです。
加工精度は箇所にもよりますが±0.1程度で工数が20以上あるものが良いです。

ロットに関しては加工工数が多い製品であれば数個の小ロットでもメリットの出る場合が多いです。
逆に数量が多くても加工工数が少ない場合は大量のロットが無いとメリットが出ない可能性がございます。

納期は最短で1週間程度での製作は可能ですが、特急製作は万が一の事を考えるとオススメできません。
(弊社では社内で画像測定機、ハイトゲージなどを使用して出荷前検査を行なっています。)
納期はロットにもよりますが3週間ほど見て頂くのが良いかと思います。

IMG_4406_R IMG_4400_R

材質についてですが、真鍮等の銅製品の場合、日本ではリサイクルして、その費用の一部を製品代金から値引きします。
中国の場合は、そのような事が行われていないために、製品によっては日本で作るより高価になる場合がございます。

よって、それ以外の材質、ステンレス、アルミ、鉄等の加工がお勧めです。

その他の材質のメリット、中国で製作するメリットは次回のコラムを御覧ください。

 
お問い合わせ・見積依頼

お問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。
ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

お問合せ・見積依頼はこちら

中国生産がメリットのある場合(機械加工、切削加工)

会社案内

失敗のない海外調達!

読切!無料メルマガ!
失敗のない海外調達
3つの方法

会員募集中】

メールマガジン

お問い合わせ・見積依頼

問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

金属加工ナビゲーター阪井金属製作所代表取締役社長阪井博史のブログ

金属加工.net

ねじネジ.net ステンレスネジの激安サイト

 

このページの先頭へ戻る