海外調達では簡単に前払いをしてはならない。

海外調達では簡単に前払いをしてはならない。

製品が届かずにドロン。
こういった事がまれに起こるのが海外調達です。
ですが、ここで前払いしないのは品質を維持させるためです。

前払いしてしまうと製品が不完全でも、そのまま押し切ろうとする海外メーカーがあります。
当たり前ですが、後払いだと支払いが残っているので、まさか不良品を渡す訳にはいきませんよね。

貿易だから前払いだとか半金だとか自らの先入観を止めて交渉する事をお勧めいたします。
事前に交渉しておくと意外にすんなり運ぶケースもございます。

どうしても、後払いに出来ない場合は商社を経由させるのも手ですが、その場合でも相手の指定商社ではなく、こちらから商社を選ぶ事が
必須です。

海外調達失敗事例集はこちらから↓↓↓
http://sakaikinzoku.com/kaigaichoutatsusippai/

 

 ●阪井金属の海外調達の特徴1

後払いOK

取引に関してはお客様の決済条件を加味してご相談に応じます。
(ただし初回の取引に関しては現金でのお支払いを頂く場合がございます。)

また、海外メーカーとの取引を弊社経由で後払いにすることも可能です。
(事前審査が必要となります。)

製品は国内弊社での検査も行いダブルチェックで品質を重視した調達を行っています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
 
お問い合わせ・見積依頼

お問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。
ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

お問合せ・見積依頼はこちら

海外調達では簡単に前払いをしてはならない。

会社案内

失敗のない海外調達!

読切!無料メルマガ!
失敗のない海外調達
3つの方法

会員募集中】

メールマガジン

お問い合わせ・見積依頼

問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

金属加工ナビゲーター阪井金属製作所代表取締役社長阪井博史のブログ

金属加工.net

ねじネジ.net ステンレスネジの激安サイト

 

このページの先頭へ戻る