深センの金属加工の日系工場に見学に行きました。

深センの金属加工の日系工場に見学に行きました。

これまで弊社はあまり日系の工場との取引は無かったのですが、高品質な製品に対応ができるように日系の工場との取引も開始をしました。

日系の工場は品質が良いが、価格が高いというイメージを持つ方が多いです。

しかし近年の日系の工場は、高品質だけでは戦って行けないようです。

の理由は、徐々に進出先のローカル工場の品質レベルが上がってきているために、一部の製品においてはローカル工場との価格競争になりつつあるからです。

日系の工場のワーカー(工場従業員)はローカル工場よりも賃金が高く、日本製の機械で製作することが主流のため固定費も中国ローカル工場に比べると高いです。

しかし、カイゼン、効率化においては日本の工場が中国ローカルに比べると徹底されています。

そうして生産のチャージを極力落とす努力を行っています。

IMG_5057

日系工場に依頼するメリットとしては短納期での対応が可能で精密な加工を安心して任せられます。

またロットアウトの可能性が限りなく低い。

デメリットとしては、やはり価格がローカルに比べると高いです。

見積りが続き仕事に繋がらなければ、返事すらくれないことも、まれにあります。

中国人は見積りが決まらなくても諦めない人が多いですから、民族性でしょうか。

いや、僕も諦めませんけどね。

IMG_5055

ズラッと並ぶ自動旋盤。メンテナンスして、まだまだ現役です。

IMG_5030

今回は板金工場も訪問しました。

日本の大手メーカーにも納入しており非常に信頼のある工場です。

我々は板金加工が若干弱かったので今回の工場との提携は大きいです。

 

 
お問い合わせ・見積依頼

お問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。
ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

お問合せ・見積依頼はこちら

深センの金属加工の日系工場に見学に行きました。

会社案内

失敗のない海外調達!

読切!無料メルマガ!
失敗のない海外調達
3つの方法

会員募集中】

メールマガジン

お問い合わせ・見積依頼

問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

金属加工ナビゲーター阪井金属製作所代表取締役社長阪井博史のブログ

金属加工.net

ねじネジ.net ステンレスネジの激安サイト

 

このページの先頭へ戻る