タイ、インドネシア、フィリピンからの金属加工の海外調達について

タイ、インドネシア、フィリピンからの金属加工の海外調達について

中国、台湾、韓国、ベトナムなどの多くの東、東南アジアの国は旧正月休み(春節)で生産がストップしてしまいます。

弊社でも、その時期の調達が困難になるために、お客様からどうにか出来ないかと相談を持ちかけられております。
弊社のメインの調達先は中国、ベトナムですので新たにタイ、インドネシア、フィリピンなどの国を現在調査を行っております。

southeastasia03

しかし、中国に比べて製品価格は安価と言えない状況です。

賃金に関してはワーカーの月額基本給はバンコク、ジャカルタ、マニラとも中国各地の基本給よりもほぼ安価です。

https://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001721/07001721d.pdf
2014年現在、JETROでのデータから

southeastasia02

しかし、材料調達にどの国も難があるのと、中国に比べて製造業の数が少ないので競争力が低いこと。

これらの事が製品価格が思ったよりも安価でない原因だと考えられます。

 southeastasia01

余談になりますが中国人に比べて他の国のセールスパーソンは積極的でないように思えます。

そんなに無理して日本の厳しい仕事を取らなくても国内でまだまだ多くの仕事があるので積極的に打って出なくても良いのかもしれませんね。

 

弊社の調達方針としては全て中国、ベトナムに注力するのではなく春節時の調達も考えて、粘り強く他の東南アジアからの調達確保に努めていきます。

 

 
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

06-6713-6159

お問い合わせフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

 

このページの先頭へ戻る