海外調達品の材質違いのトラブル

sus316の機械加工をオーダーした。寸法公差も守られていて安心して出荷したが、お客様からお叱りの連絡があった。

sus316どころかsus416で製作をしていた。

磁石が引っ付く手配製品を見て愕然とした。

翌日、工場の担当者はクビとなり日本語担当者が居なくなり交渉不可能。

お客様から多大なペナルティ料を請求される。

国際裁判を検討中。

→問題解決策

材料証明はミルシートだけでは無く、ご要望があれば製品分析を行います。

また、材質を日本製に指定する事も可能です。

国内での材質分析を行う事も出来ます。

 

 
お問い合わせ・見積依頼

お問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。
ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

お問合せ・見積依頼はこちら

年始年末休業のお知らせ/2018年春節のご注意

海外調達失敗事例

会社案内

失敗のない海外調達!

読切!無料メルマガ!
失敗のない海外調達
3つの方法

会員募集中】

メールマガジン

お問い合わせ・見積依頼

問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

金属加工ナビゲーター阪井金属製作所代表取締役社長阪井博史のブログ

金属加工.net

ねじネジ.net ステンレスネジの激安サイト

 

このページの先頭へ戻る