冷間鍛造(冷間圧造)

冷間鍛造(冷間圧造)とは主に金属素材を常温の状態で金型を使用し、塑性変形させる加工です。

量産向きの加工方法で公差の問題はありますが、機械加工から冷間鍛造に変更することで大きなコストダウンが可能となります。

またスクラップが出ない環境にやさしい加工方法でもあります。
金型費用が高価となりますが海外調達を行うと初期費用が抑えられ、よりコストメリットが出ます。

冷間鍛造(冷間圧造)事例紹介

SUS304 冷間鍛造品

IMG_4058_R

従来の加工工場が廃業することになり、国内工場を当たったが価格が合うところが無く、ご相談いただき、大幅なコストダウンに成功しました。

 

事例の詳細はこちらから

 

 

その他の冷間鍛造はこちらから

 
お問い合わせ・見積依頼

お問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。
ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

お問合せ・見積依頼はこちら

加工一覧

会社案内

失敗のない海外調達!

読切!無料メルマガ!
失敗のない海外調達
3つの方法

会員募集中】

メールマガジン

お問い合わせ・見積依頼

問い合わせフォームまたはお電話・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にご相談ください。
お問合せはこちら

金属加工ナビゲーター阪井金属製作所代表取締役社長阪井博史のブログ

金属加工.net

ねじネジ.net ステンレスネジの激安サイト

 

このページの先頭へ戻る